建設系職業紹介・人材派遣のエキスパート|株式会社ニッケン・キャリア・ステーション
就職・転職ガイド

職務経歴書の書き方

> 履歴書の書き方はこちら

職務経歴書は、履歴書とは違い「今までの自分のキャリア」をアピールするための書類です。また企業が書類選考で候補者を絞り込むための重要な要素ともなります。

作成する前に

  • 今までの自分の経歴を振り返り、キャリアをリストアップする。
  • 各仕事内容を整理し、身につけた知識や技術を具体的にまとめてみる。
  • 職種や企業の特徴から、相手が何を知りたいのかを吟味する。
  • 自分にとっての転職の意味を考え、転職目的をはっきりさせる。

書式

  • ワープロソフトで作成することが好ましい。
  • サイズはA4で、1~3枚程度にまとめる。

構成

履歴書(表)見本

顔写真

  • 氏名・作成日を上部に記入し、複数枚になる場合は通し番号を入れる。
  • 希望職種、取得資格、表彰など簡潔に記入する。
  • 職務経歴
    1. 表記の形式には、「経過年月毎に表記する編年体形式」「職務内容・技術毎にまとめ表記する形式」の2種類があるが、いずれの場合も読みやすい箇条書きにする。
    2. 会社名、部署名、役職・部下の人数を記入する。
    3. 担当物件の「種類・規模・名称・用途」「メンバーの人数、自分の立場」「業務範囲」を記入する。

Point

  • 職務内容や実績は、詳しくしかも簡潔にわかりやすい文章で書く。
  • 「いつ(期間)」「どこで(会社・部署名)」「何の業務を」「どんな立場(役割)で」「どんな実績をあげたか」を盛りこむ。
  • 新卒時の、研修内容から書き出す。(基礎を身につけているかどうかの判断になる)
  • あくまで「事実」を記載すること。

自己PR欄

  • 今までの職務において、どの位のレベルまで関わったのか、またその中で身につけた技術、知識などをまとめる。
  • 経験、専門性、得意分野から、今後の応用範囲(どのように今までのキャリアを活用できるか)を自己アピールする。

Point

職歴情報をただ記述・提供するだけでなく企業側が求めているものが何かを把握し、「どのように自分のキャリアをアピールするか」というポイントを押さえることが必要。
↑
↑